ピス健@はてなブログ

90〜00年代を懐古するブログ

【激臭】めくるめく”クサメタル”の世界【注意】

見出し画像

皆様はクサメタルというジャンルを耳にしたことはあるだろうか?
ジャンルとして明確な定義がある訳ではないが、メタル、取り分けスピードメタル、パワーメタルなどにおけるやたらと勇壮でヒロイックなメロディを”クサイ”と表し、一部の愛好家の中で絶大な支持を得ている。
男性の口説き文句などの、行き過ぎた格好良さをクサいと表現する感覚に似ているが、近年だと進撃の巨人のOP「紅蓮の刃」などがイメージに近いのではないだろうか。

バンドとしてはRhapsodyやDragonforce、一時期ネットで話題となったSkylarkなどが代表として語られる。

今回は独自に選んだいくつかの楽曲を紹介し、クサメタルの世界を皆様に知っていただければと思う。
是非とも鼻を抑え、メロディから漂ってくる行き過ぎた格好良さ=クサさに備えて欲しい。

Rhapsody/Warrior of Ice

まずはクサメタル、ヒロイックメタルの代表格から紹介したい。
イタリアが誇る究極のエピック・シンフォニック・クサメタルバンド、Rhapsodyである(現在はRhapsody of fireへと改名)

まるでRPGのような世界観をメタルと融合させ、唯一無二の存在へと昇華たらしめている。
代表曲としてはEmerald Sword(エメラルド・ソード)が挙がることが多いが、個人的な好みとしてこちらの曲をご紹介したい。

如何であっただろうか。
少しは”クサさ”というものの感覚を掴んでいただけたかと思う。
サビのコーラス部分などは、まるで蛮族に取り囲まれた王城を守るべく、死地に赴く騎士たちを鼓舞するかのような勇壮さである(意味不明)。

楽曲、演奏技術共にクオリティが高く、何よりもそのキャッチーかつクサ過ぎるメロディが秀逸である。

Equilibrium/Widars Hallen

2005年、ドイツより彗星のごとく現れたヴァイキング・エピックメタル・バンドRquilibrium。

ヴォーカルにデスボイスを使用しているので好みが分かれるところもあるが、再生した瞬間怒涛の如く押し寄せてくる民族的クサ・フレーズ。
これでは千鳥のノブでなくとも、イントロの時点で「クセェ!」と発してしまうのではないだろうか。
そのままの勢いで叙情的な歌メロがこれでもかと繰り出される様は、当時のクサメタル界をして”激臭警報”が発令されたほどだ。
まさにクサメタル界隈における緊急事態宣言と呼んでも差し支えない程の鮮烈なデビューを飾ったといえる。

Ancient Bards/The Birth Of Evil

この手の話題で良く名前の挙がる、イタリア産シンフォニック・クサメタルバンド、Ancient Bards。
女性ヴォーカリストを擁する彼らの、珠玉のクサメタル・ナンバーを聴いていただきたい。

普通に格好良く、思わず口ずさみたくなるような素晴らしいメロディーラインである。
基本的に彼らはキャッチーなメロディを創造するのに長けているのだ。過剰になり過ぎるだけで。

Windir/Arntor, ein Windir

有名どころばかり紹介しても意味がないので、お次は少し趣向を変えて。
クサメタルの遺伝子はメロスピ・パワーメタルの枠に留まらず、様々な種類のメタルミュージックに飛び火している。
その中の一つが、ブラックメタルにおけるバイキング・ブラックというジャンルであり、特にこちらの曲は頭一つ抜きんでている。

如何であろうか。
イントロが流れた瞬間、千鳥のノブでなくとも思わず「クセェ!」と発してしまいたくなるような、そんな楽曲である。
演奏、録音を全て一人でこなしているらしく、クオリティとしてはチープさが否めないが、メロディ、展開ともに実に優れたクサメタルであるといえる。
本作以降は録音のクオリティもあがり、秀逸な作品を続けてリリースしたが、惜しむらくも、登山中の事故によりフロントマンのValfarが死去。
しかしながら、彼の残した作品の数々は今もなお、ファンの胸に残り続けている。

Wintersun/Starchild

お次はフィンランドより。メロディック・デスメタルバンドWintersunの作品から。

今回の記事を書くにあたり真っ先によぎったのが実はこの曲であった。

民族調の秀逸なイントロから既に否応なく”クサさ”を期待させる。

タイトルの”Star Child”を絶叫するパートにおいては、誰しもが拳を振り上げ、失われた祖国を想い、悔恨の涙を流すだろう(意味不明)。
クサメタルを語るうえで欠かせない哀愁を持ち合わせた良曲である。

Amorphis/Sampo

アモルフィス(英語: amorphis)は、フィンランド出身のヘヴィメタル・バンド。 当初はメロディックデスメタルを演奏していたが、次第にフィンランド民族音楽を取り入れ、哀愁溢れる独特のヘヴィメタルを完成させる。

少しこれまで紹介したバンドと趣が異なるかもしれないが、サビの部分まで聞いていただければその余りある良質なクサさを体感して頂けると思う。
メタルにもジャンルの垣根がないように、クサメタルにも同じことが言えるだろう。

Helloween/I Want Out

クサメタルの起源はいつ起こったのだろう。
少なくとも、80年代のHR/HMブームの時点でその萌芽はあった(むしろ確立されていた)。

ギターのメロディライン等に、後のクサメタルブームの予兆を感じてもらえると思う。そんなブームが存在したのかはさておき。
PVもイカが飛び交ったり、歌詞の"SEE"に合わせてメンバーがサングラスを外してこちらをのぞき込んだりと、色々意味不明で面白い。

画像1

一体何を表現したかったのだろうか。是非とも動画を視聴して確かめてみてほしい。
楽曲自体は普通に格好よく一時期よく聞いていた。

さいごに


以上となっている。
正直、記事を書くにあたりクドめのメロディーがを聴き続けたせいで胃もたれを起こしそうになったが、クサメタルのなんたるかがいくらかでも皆様に伝われば幸いである。
是非とも通勤通学中のプレイリストに加えて、その勇壮な世界観に酔いしれて拳を天に突き上げて欲しい(いかなる弊害にも一切責任は持てません)

それでは皆様、またお会いできる日まで。

-----------------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございました。
感想や、他にもこんなクサい曲あるよ、という方は是非ともコメント欄にてお知らせください。

フォロー、いいねなど頂けると励みになります。

それでは。ありがとうございました。